今週のトップ記事

    今月のトップ記事


      当サイトは相互RSS、相互リンクを募集しています。


      つきましては、こちらから、申し込みの旨をお伝えください。


        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1505_spla
      続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加

      1505_spla


      “無料体験版”なのに、ベストセラーランキング1位!? 任天堂、期待の新作『スプラトゥーン』体験版に批判噴出|おたぽる

      2015-05-23_104543


      任天堂より5月28日に発売予定のWii U用ソフト『Splatoon』(以下、『スプラトゥーン』)の無料体験版が思わぬ批判を浴びている。

      『スプラトゥーン』は、いわゆるTPS形式のガンシューティングゲームで、プレイヤーはフィールドをインクで塗りつぶしながら陣取り合戦をしていく。この独創的なゲームは、2014年の発表以降、Wii Uユーザーだけでなく多くのゲーマーから熱い視線を送られている話題作である。 『スプラトゥーン』の広報には任天堂も力を入れており、現在放送中のテレビCMのほかにも、先日5月9日から10日には“完成披露試射会”として、“指定の時間に同作をプレイできる”という、世界同時開催の体験版配信を実施した。しかし、この『スプラトゥーン』体験版は、注目度の高さもあってか、その配信方法などで疑義が呈されることに。

      今回の無料体験版をプレイするには、同社のオンラインストア「ニンテンドーeショップ」でのダウンロードのほか、Amazonに登録されている「『Splatoon(スプラトゥーン)完成披露試射会』用ソフト」でのダウンロードコードを入手する必要があった。そのため、体験版のダウンロードがAmazonのランキングに反映されることとなり、“無料体験版”であるにもかかわらず、Amazonのゲームベストセラーランキングの1位を獲得。馴染みのない方法で配信された体験版が、大手ECサイトの売り上げランキングを駆け上がったことで、「Amazonランキングの私物化はやめろ」「無料体験版でランキングを占めると見づらくなる」「今後、ほかのメーカーが同じことをすれば、ランキングが体験版ばかりになってしまうのでは」など、批判が噴出した。 


      また、公式HPでこの体験版のダウンロードリンクにAmazonアフィリエイトが付いていたことで、「任天堂みたいな大企業がやると情けなく感じる」といった意見も。

      その一方、「Amazonの仕様内だから問題なし」「ユーザーには直接関係ない」「無料で面白いゲームができるならランキング上位は正当な評価」「無料で宣伝してアフィで稼ぐとはむしろ頭がいい」と、今回の件について理解を示す意見もみられた。


      以下、全文を読む

      続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加

      3c0d6f36


      任天堂の次世代機「NX」はリージョンロック?現行機のフリー化についても現状を解答|game*spark

      2015-05-12_001202


      任天堂は5月8日に開催された決算説明会の席で、リージョンロック解除の可能性について触れています。

      現世代機のハードの中でリージョンロックが採用されているWii Uとニンテンドー3DS(New 3DSも含む)ですが、海外ではリージョンフリー化を望む声も多くあがっています。6ヶ月前の決算説明会の際に、「リージョンロックを外すか」かどうかを問われ「検討します」と答えた任天堂ですが、今回は現在の検討内容の進捗についての質問があったようです。

      今回の回答で岩田社長は、「途中からリージョンロックを外すというのはさまざまな課題があり、そのことについては現実味がないだろうという理解をしている」と述べており、現行機がリージョンフリーとなる可能性は低いとみられます。

      一方、NXに関しては、ユーザーや市場からの声や提案があることを前提に、「それを実現しようとするとどういう問題があるか」ということを社内で検討中とのこと。 しかし、リージョンフリーとなるかどうかはまだ決定ではないことも強調しています。

      word:リージョンロック?リージョンフリー?
       

      以下、全文を読む

      続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加

                                                          101262




      インディーデベロッパーPsychoz Interactiveが開発したサバイバルホラーゲーム『Forgotten Memories: Alternate Realities』のiOS版が4月23日にリリースされました。

      『サイレントヒル』と『バイオハザード』を合わせたような雰囲気の本作は、2009年に発表されて以来、モバイル向け本格サバイバルホラーとして期待されていましたが、グラフィックの作り直しなどで幾度となく延期を繰り返し、もうでないのではないか?という噂まで立つほどでした。今回、ようやく『Forgotten Memories: Alternate Realities』としてiOS版のリリースを迎えることになりました。

      今回リリースされたものは、開発者が以前発表していたデモ版ではなく本編となっているようです。また、MFiコントローラーの対応は次回のアップデートで実装予定となっており、現バージョンでは接続は出来るものの最適化されていません。

      全文を読む

      記事より一部引用、引用元:gamespark
      続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加

      ボルテージは、「米国女性のゲームプレイ事情と恋愛コンテンツに関する調査」を実施、結果を発表しました。

      「米国女性のゲームプレイ事情と恋愛コンテンツに関する調査」は、16歳から34歳のアメリカ人女性1,032名を対象に行われた意識調査です。

      この調査は、累計利用者数3,000万人を突破するボルテージ制作の「恋愛ドラマアプリ」を楽しむターゲット像を把握することが目的とされているとのことで今回、その詳細結果が明らかになりました。

      スマートフォンを所持している人は9割以上
      100488

      アメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルス/サンフランシスコに住む16歳から34歳の女性が所有しているデバイスでは、「スマートフォン」が94.3%と、圧倒的な割合を占めています。次いで「タブレット端末」が多く、72.2%となっています。

      また米国では、置き型ゲーム機の所持率も高く、特に10代の若者は半数近くが置き型ゲーム機を持っており、ゲームが身近な存在にあることがわかります。

      プレイするデバイスは「スマホ」が7割、Wii Uなどの据え置き機も
      100489


      普段ゲームをプレイしているデバイスは?という項目では「スマートフォン」が68.9%、「タブレット端末」が48.1%、次いで「Wii/Wii U」が33.8%となり、所有しているデバイスと比例していることが明らかに。

      また、「あてはまるものはない」と答えた人は10.5%留まり、89.5%は月に1回以上ゲームをプレイしていることも判明しました。

      年代別でみると、どの年代もスマートフォンにおけるゲームプレイの割合は6割を超え、最も多い20代前半は74.0%という結果になりました。

      以下、全文を読む

      記事より一部引用、引用元:gamespark
      続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木)01:20:07 ID:LGj
      マリオパーティ10(同梱版含む) 50,212
      WiiU 7,054

      どうすんのこれ・・・
      続きを読む

      このページのトップヘ